beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

枠に嫌われたG大阪は清水とドロー…明大出身ルーキーDF佐藤瑶大が先発Jデビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.18 J1第10節 G大阪0-0清水 パナスタ]

 J1リーグは18日、第10節を各地で行い、ガンバ大阪清水エスパルスは0-0で引き分けた。

 ホームのG大阪は14日に前倒し開催された第18節の鳥栖戦(○1-0)から中3日。先発3人を入れ替え、DF佐藤瑶大、MFチュ・セジョン、FWチアゴ・アウベスを起用し、明治大出身ルーキーの佐藤はこれがJリーグデビューとなった。対する清水は連戦を回避。前節の神戸戦(△1-1)から2人を変更し、DF立田悠悟とMF西澤健太が先発した。

 最初の決定機はG大阪。前半20分、左サイドでDF鈴木義宜のミスを突いたT・アウベスのクロスがMF宮本航汰の弱いクリアを誘い、こぼれ球からFW宇佐美貴史がクロスバー直撃の強烈なシュートを放った。

 さらに前半41分、G大阪はFWパトリックのポストプレーからMF井手口陽介がミドルシュートを狙うも、これも左のゴールポストに直撃。2度も枠に嫌われ、先制のチャンスを逃した。清水もサイドを広く使った攻撃で何度か相手ゴール前に迫ったが、決定的なシュートには至らず、スコアレスで前半を終えた。

 後半は清水が優勢に試合を運ぶも、G大阪守備陣の奮闘もあって試合は動かない。G大阪はMF倉田秋、MF福田湧矢、MF山本悠樹といった攻撃にスイッチを入れられる選手を投入し、清水はFWディサロ燦シルヴァーノ、DF福森直也、MF後藤優介を起用。それでも最後までゴールは入らず、スコアレスドローでタイムアップを迎えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP