beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プライドを捨ててのリスタート。清水ユースFW千葉寛汰の真価は、まだまだこんなものじゃない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

完全復活を期す清水エスパルスユースのエースFW千葉寛汰

[4.18 プレミアリーグEAST第3節 流通経済大柏高 1-2 清水ユース 流経柏G]

 チームの勝利に繋がる1ゴール1アシスト。2試合続けてPKでのゴール。だが、これで完全復活だなんて評してほしくないと、本人が一番強く思っている。「個人的にはゴールとアシストという結果は出ましたけど、こんな内容ではプロなんてなれないと思うので、もっとしっかり積み上げていって、いつトップチームのチャンスが来てもいいような準備と、トップチームに呼びたいと思われるようなプレーを見せていきたいと思います」。清水エスパルスユースのナンバー9。FW千葉寛汰(3年=清水エスパルスジュニアユース出身)の真価は、まだまだこんなものじゃない。

「1年生の時には結果を出せましたけど、去年は結果を出せずに、『1年生の頃はできたのにな』という変なプライドが邪魔したりして苦しかったですね」。1年時はプレミアの舞台で3ゴールを奪うなど、大物感漂うパフォーマンスで周囲を驚かせた千葉だったが、一転して2年時の昨年はケガもあり、目立った活躍はできず、悔しい時間を過ごすことになる。

 最高学年を迎えた2021年。追い込まれたことが、逆にメンタルを解放する。「1年間通して何も結果を出せなかったので、もう自分は1年の時に結果を出していたという所は捨てて、『“何もない選手”という立ち位置で、ゼロからしっかりアピールしていこう』というふうに吹っ切れました」。過去の自分と決別し、“何もない選手”としてのリスタートを決意した。

 プレミアEAST第2節の大宮アルディージャU18(埼玉)戦。久々にスタメン起用された千葉へ、千載一遇のチャンスがやってくる。0-0で突入した最終盤の後半43分。自ら獲得したPKを冷静に蹴り込むと、これがそのまま決勝点に。チームに大きな勝ち点3をもたらした。「本当に久しぶりにチームを勝利に導けたという感覚になったので、そういう意味で前節は凄く大きかったですね」。確かな手応えを掴み、3連勝の懸かったアウェイゲームへ向かう。

 第3節の相手は同じく連勝スタートの流通経済大柏高(千葉)。立ち上がりから押し込まれ続ける中で、この日も前半33分にPKの機会が訪れたが、左を狙ったキックは相手のGKに阻まれてしまう。ただ、審判団はGKが両足をラインから踏み出していたと判断し、蹴り直しを指示。「正直ちょっと動揺しましたけど、ラッキーな形でもう一度蹴らせてもらえたので、そこは自信を持って蹴りました。1本目を外していたので、ホッとしましたね」。2本目をきっちり沈め、2戦連発となるゴールを記録する。

 次に輝いたのは後半24分。GK福井レオナルド明(3年)のフィードを受け、巧みに体を入れ替えて反転すると、少し運びながら絶妙のタイミングでスルーパス。MF金子星太(3年)の決勝弾を演出してみせる。

 結果として1ゴール1アシスト。チームの3連勝に貢献したが、本人に満足する気配は微塵もない。「試合を通してあのアシストぐらいしか、ターンしてから味方にパスを出す場面はなかったので、結果としてはいいと思いますけど、もっともっと他の部分に目を向けてやらないといけないですね」。

 1年近く遠ざかっている年代別代表復帰は、引き寄せなくてはいけない目標でもある。「代表に入っている坂本一彩選手(G大阪ユース)とか木原励選手(京都橘高)とか、自分はそういう選手に今の時点で負けているから代表に入れていないので、そういう選手たちに負けないようにやっていきたいなと。特に坂本選手には東と西でリーグは違いますけど、得点数では勝ちたいと思っています」。

 そのために自分が為すべきことも明確だ。「1年生の時はできていたインパクトのある活躍が最近はできていないので、周りを驚かせるような、周りにもっと注目してもらえるような結果を絶対に残したいですし、また千葉寛汰という選手の価値を、周りに見せ付けていきたいと思っています」。

 今の結果は完全復活を遂げるためのほんの序章。清水エスパルスユースのナンバー9。千葉寛汰の真価は、まだまだこんなものじゃない。

(取材・文 土屋雅史)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

TOP