beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

流経大柏の新10番MF松本洋汰は系列のクラブ・ドラゴンズ柏出身。技巧と頑張りで勝たせて後輩の憧れに

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半アディショナルタイム、流通経済大柏高MF松本洋汰が同点ゴール

[4.18 プレミアリーグEAST第3節 流通経済大柏高 1-2 清水ユース 流通経済大柏高G]

“後輩”たちから目標とされるような選手に、プロで長く活躍できるような選手になる。流通経済大柏高(千葉)の新10番は、系列であるクラブ・ドラゴンズ柏(千葉)出身のMF松本洋汰(3年)だ。埼玉の春日部市から流経大柏グラウンドに通い、先輩たちのトレーニングや戦う姿を見ていたMFは昨年から先発に食い込み、今年は覚悟を持って10番を背負っている。

「去年は(現在)大学1年生の先輩に頼りすぎて自分の良さを出せていなかった。(今年は10番を)背負わせてもらっているので、自覚は去年よりも全然増してプレーに繋がっている」と松本。その10番はこの日、ファインショットをゴールに叩き込んだ。

 ダブルボランチの一角として先発した松本は、Jクラブも注目しているという技術力を随所で発揮。攻撃面ではショートコンビネーションに絡んでいたほか、サイドに流れてドリブルで仕掛けるシーンもあった。そして、奪い返しの部分でも貢献していたMFは、0-1で迎えた前半アディショナルタイムに輝く。

 敵陣右中間でセカンドボールを拾うと逆サイドへ展開。左SB橋本清太郎(3年)のクロスにポジショニング良く走り込むと、左足ダイレクトボレーでゴールに突き刺した。「アイツ(橋本)は仕掛けるかなと思っていて、仕掛けた時に中見たらスペースあるかなと。上手く走り込むことができました」。攻め続けながらも得点を奪えなかった流経大柏に待望の1点をもたらした。

 だが、後半も主導権を握って攻めながら中盤が間延びしてしまい、再び失点。再び追いつくため、松本は試合終盤の苦しい時間帯でも献身的に相手ボールホルダーとの距離を詰め、2度3度と奪い取っていた。

「とにかくチームのためにセカンドボールを拾って、リズムをつくろうかなと思っていた。やっぱり終盤なのでどこにでも顔を出さないといけないですし、ボールを獲るのは流経の中盤なのでやらないといけない」。だが、ゴールを奪うことをできず、敗戦。松本は「自分のところで奪われてはいけない」と普段に比べてボールロストが増えてしまっていたことを悔しがっていた。

 昨年はSHとして先発を獲得。だが、守備面はボール奪取に秀でたMF藤井海和主将(現流通経済大)に頼ってしまい、攻撃ばかりになってしまっていたことを反省する。その一方、サイドを経験したことで、自分から仕掛ける部分や運動量で成長。榎本雅大監督は「あれ(運動量が増えて守備)ができるようになって彼はまた良くなりましたね。攻撃だけじゃないという」。攻守両面でチームを勝たせる選手に変わってきている。

 クラブ・ドラゴンズ柏加入時、流経大柏との繋がりについては知らなかったのだという。それでも、「(流経大柏の先輩たちの姿を)ずっと見てきたんで、ここ(流経大柏)でやりたいと思って来ました」。インターハイ優勝、選手権準優勝した17年度の主将、MF宮本優太(現流通経済大、浦和内定)の頑張る姿を見て憧れを抱いていたという松本は現在、流経大柏やクラブ・ドラゴンズ柏のU-15やU-12チームの後輩たちの目標となる選手、プロで長く活躍できる選手を目指している。

「見て格好良いと思われたいですし、目標になればいい。(将来は)ただのプロじゃなくて、プロで長くやっていかないとダメ。長くやるためにここで経験を積んでいきたい」。技術力と流経のハードワークの両方を表現できる新10番。先輩・宮本のような頑張りと試合を決めるようなプレーを続けて流経大柏を日本一へ導き、後輩から憧れられる「10番」、プロから評価される「10番」になる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

TOP