beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

千葉和彦が救った! 栃木に逆転を許した首位新潟、後半AT同点弾でクラブ新の開幕9戦無敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟が栃木と2-2のドロー

[4.21 J2第9節 栃木2-2新潟 カンセキ]

 J2第9節が21日に開催され、カンセキスタジアムとちぎでは首位アルビレックス新潟と10位栃木SCが2-2で引き分けた。新潟は一時逆転を許しながらも土壇場で追い付き、クラブ記録を更新する開幕9戦負けなし(7勝2分)。栃木は3試合連続ドローとなった。

 新潟は前節までの好調を維持し、前半8分に先制する。MF高木善朗が右サイドの高い位置から右足でストレート性のクロスを送ると、PA内中央のMF矢村健が右足でオーバーヘッド。ゴール左に決まり、今季初出場で初得点を挙げた前節に続く2戦連発弾を奪った。

 しかし、栃木は前半24分に追い付く。右CKのショートコーナーからフリーのMF松本凪生が右足でクロスを供給。PA内中央のMF森俊貴がヘディングで合わせたボールがゴール左に吸い込まれ、今季3点目をマークした。

 さらに1-1の後半11分、松本のスルーパスから森がPA内右に抜け出し、グラウンダーで折り返す。ニアでGK阿部航斗に触られ、中央へ流れたボールに反応したFWジュニーニョのシュートはDF舞行龍ジェームズにブロックされるが、最後はファーのDF面矢行斗が左足で蹴り込む。東海大から今季加入した面矢は、これがプロ初ゴールとなった。

 1-2と逆転を許した新潟は猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム2分に同点ゴールを奪取。右CKからキッカーのMF星雄次が右足でクロスを送り、ニアに飛び込んだDF千葉和彦が豪快なヘディングシュートを決める。千葉の開幕戦以来となる今季2得点目で、新潟が劇的なドローに持ち込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第9節 スコア速報

TOP