beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

磐田が4連勝!松本昌也が高精度クロスで3アシスト! 大宮FW中野誠也の恩返し弾から計5発の打ち合い制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.21 J2第9節 磐田3-2大宮 ヤマハ]

 J2リーグ第9節が21日に行われ、ジュビロ磐田大宮アルディージャに3-2で競り勝った。MF松本昌也が全3得点をアシストし、MF山田大記が決勝ゴール。打ち合いを制した磐田は4連勝を飾った。

 古巣戦となったFW中野誠也の恩返し弾で大宮が先手を取った。前半6分、FW矢島輝一からの高精度クロスに反応した中野がヘディングシュート。これはGK三浦龍輝に防がれたが、こぼれ球を左足で蹴り込んだ。

 しかし、その5分後に磐田が試合を振り出しに戻す。前半11分、左サイドから松本がクロスを供給すると、FW大津祐樹が相手と競り合いながら頭で押し込んだ。1-1で折り返した後半、大宮が次の一点を奪った。

 後半26分、左サイドを駆け上がったDF翁長聖が中野からパスを受けてオーバーラップし、決定的な左足シュート。これはGK三浦が弾いたが、こぼれ球をFWネルミン・ハスキッチが左足ボレーで蹴り込むと、GK三浦の手を弾いたボールがゴールマウスに吸い込まれた。

 試合は打ち合いの様相を呈し、後半31分、磐田は藤川虎太朗のシュートのこぼれ球にファーサイドの松本が反応。PA右からクロスを入れると、FWルキアンがヘッドで叩き込み、2-2に追いついた。後半36分にも松本が右サイドからピンポイントクロスを入れると、ニアに走り込んだ山田が頭で合わせ、値千金の決勝ゴール。磐田が4連勝を飾った一方、大宮は連敗を喫し、4戦未勝利となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第9節 スコア速報

TOP