beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]明治が89分から劇的大逆転!早慶戦制した早稲田とともに開幕3連勝!!流経は今季初勝利:第3節

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW佐藤恵允のゴールで明治大が劇的な逆転勝ちを飾った

 JR東日本カップ2021 第95回関東大学サッカーリーグ戦1部の第3節が25日に行われた。

 首位の明治大筑波大を相手に終盤まで1点ビハインドの展開を強いられるが、後半44分にDF石井優輝(4年=昌平高)のロングパスからFW太田龍之介(2年=岡山U-18)が力強いシュートを蹴り込んで同点。さらに後半アディショナルタイム1分にはドリブルでゴール前まで運んだFW佐藤恵允(2年=実践学園高)が左足でゴールに突き刺し、2-1で劇的な逆転勝ちを飾った。

 また明治とともに連勝発進していた早稲田大は、慶應義塾大との今季初の早慶戦に臨み、1-0で勝利した。こちらは開始2分にスコアが動き、DF西田翔央(3年=東福岡高)のロングパスで裏に抜け出したFW加藤拓己(4年=山梨学院高/清水内定)が右足アウトサイドで流し込んで先制点をゲット。この1点のリードを最後まで守り抜いた。早稲田も明治に譲らず開幕3連勝を決めている。

 流通経済大桐蔭横浜大と対戦し、4-2で勝利。MF菊地泰智(4年=流通経済大柏高)が2ゴール1アシストと大暴れした。開幕2戦を1分1敗だった流経大は待望の今季初勝利を挙げた。

 法政大立正大に1-0で勝利し、無敗(2勝1分)で3位をキープ。得点は後半9分にMF中井崇仁(4年=尚志高)のシュートのこぼれ球をFW佐藤大樹(4年=札幌U-18)が詰めたゴールのみだったが、スコア以上に強い内容で勝ち切った。

 一方で今季より11年ぶりに1部リーグを戦う拓殖大は、この日も駒澤大に2-3で敗れ、唯一の開幕3連敗。前半を2点リードで折り返したが、後半だけで3失点する、まさかの逆転負けを喫した。

 第4節は28日に行われる。

【第3節】
(4月25日)
[非公開]
明治大 2-1 筑波大
[明]太田龍之介(89分)、佐藤恵允(90分+1)
[筑]和田育(22分)

早稲田大 1-0 慶應義塾大
[早]加藤拓己(2分)

駒澤大 3-2 拓殖大
[駒]相澤佑哉(55分)、宮崎鴻2(66分、70分)
[拓]田中幸大2(35分、39分)

順天堂大 1-2 国士舘大
[順]寺山翼(44分)
[国]棚橋尭士2(54分、66分)

[レモンガススタジアム平塚]
法政大 1-0 立正大
[法]佐藤大樹(54分)

桐蔭横浜大 2-4 流通経済大
[桐]山内日向汰(35分)、中野就斗(90分+5)
[流]西田成貴(15分)、オウンゴール(70分)、菊地泰智2(76分、79分)
●第95回関東大学L特集

TOP