beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

歓喜に水差す愚行…マンCのDFカイル・ウォーカーが激怒「いつまで続くのか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

歓喜に水を差す愚行にDFカイル・ウォーカーが怒る

[4.25 カラバオ杯決勝 マンチェスター・C 1-0 トッテナム]

 マンチェスター・シティは25日のカラバオカップ決勝でトッテナムに勝利。史上2度目となる4連覇を達成した裏で、DFカイル・ウォーカーが人種差別的中傷を受けていたことを明かした。英『スカイスポーツ』が伝えている。

 4連覇を狙うシティと13シーズンぶりのタイトルを目指すトッテナムの大一番。試合は接戦となるも、シティが後半37分にDFアイメリック・ラポルテのゴールで先制点を奪い、そのまま1ー0で試合を締める。1980-81シーズンのリバプール以来となる史上2度目のリーグカップ4連覇を成し遂げた。

 しかし、歓喜の裏で水を差す出来事が起きていた。K・ウォーカーは自身のインスタグラム(@kylewalker2)を更新し、画像とともに喜びのコメントを伝える。一方で、インスタグラム上で人種差別的な中傷を受けていたことを明かした。相手の中傷を映したスクリーンショットを載せ、「いったいいつこのようなことが起きなくなるんだ?」とインスタグラム社に対応するように求めた。

 欧州サッカー界では、SNS上の人種差別的な発言や誹謗中傷が問題に。24日にはプレミアリーグを始め、英サッカー団体が声明を発表。今月30日から5月3日の間、誹謗中傷発言に対するSNS各社の対応への抗議として、SNSの活用をボイコットすることを伝えている。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP