beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

福岡のカメルーン代表FWが来日初ゴールとなる劇的弾! 札幌はドローでGL突破お預け

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌と福岡は1-1の引き分け

[4.28 ルヴァン杯GL第4節 札幌1-1福岡 札幌ド]

 ルヴァンカップのグループリーグ第4節が28日に各地で開催された。グループAでは2位北海道コンサドーレ札幌と3位アビスパ福岡が札幌ドームで対戦し、1-1のドロー。ホームの札幌は勝利を収めれば、他会場の結果次第でグループリーグ突破の可能性があったが、次節以降にお預けとなった。

 今季公式戦で3度目の顔合わせとなった両チーム。過去2戦でいずれも勝利を挙げている札幌は開始からボールを保持して攻め込むと、前半20分に決定機を迎える。

 DF福森晃斗が自陣から高く浮かせたパスを送り、複数のマークを受けたFWジェイが強引にPA内へ進入。倒れながら左足でシュートを打つが、GK永石拓海に触られて枠の右へ外れる。

 その後もゴールへ迫った札幌はチャンスを生かせず、スコアレスで前半終了となった。

 後半に入ると、両チームとも早い時間帯から立て続けに交代カードを切る。前半から引き続きペースを握る札幌は、高い集中力を維持する福岡のディフェンスを崩せずにいたが、後半39分に均衡を破った。

 MF菅大輝が左サイドのハーフウェーライン付近から対角線上に大きく蹴り出し、PA手前右のジェイが頭で落とす。走り込んだ途中出場FWアンデルソン・ロペスがファーストタッチでDFカルロス・グティエレスをかわすと、PA内中央から左足で豪快にゴール右上に突き刺した。

 しかし、ビハインドを負った福岡が猛反撃を見せると、後半アディショナルタイム4分に追い付く。カウンターからFWフアンマ・デルガドのスルーパスにFW城後寿が走り込み、左足でシュート。クロスバーに当たったボールを途中投入のFWジョン・マリがダイビングヘッドで押し込んだ。

 新加入のカメルーン代表FWはこれが来日初ゴール。試合はそのまま1-1でタイムアップを迎えた。

 グループAは第4節を終え、鹿島が勝ち点10で1位、札幌が勝ち点7で2位、福岡が勝ち点4で3位、鳥栖が勝ち点1で4位。次節は5月5日に行われ、札幌はホームで鳥栖、福岡はアウェーで鹿島と対決する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2021特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[ルヴァン杯]GL第4節 スコア速報

TOP