beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京五輪、U-24韓国代表指揮官がOA枠ソン・フンミンに言及「リストを提出した。彼も含まれている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪出場の可能性を残すFWソン・フンミン

 U-24韓国代表を率いるキム・ハクボム監督が記者会見に出席し、東京五輪のオーバーエイジ枠について言及した。

 AFC U-23選手権2020で優勝して東京五輪に参戦する韓国代表。キム・ハクボム監督は注目されるオーバーエイジ枠に関して28日、「50名の選手リストを既に韓国の五輪委員会に提出した。その中には、ソン・フンミンが含まれている」とコメント。トッテナムで活躍し、A代表のエースでもあるソン・フンミンを招集する可能性を残していることを明らかにした。

 また、以前にガンバ大阪でプレーしたボルドーのFWファン・ウィジョについても、「リストに入っている。オーバーエイジの選手は50人中11人だ。他に緊急を要するポジションがあるかもしれないし、オーバーエイジを簡単に決めることはできない。オーバーエイジは本当に重要なところで使わないと」とリスト入りしていることを明言し、大会については以下のように続けた。

「グループリーグは大事。だが、それと同時にトーナメントも重要だ。我々は日本や南アフリカ、メキシコと対戦する可能性があるんだ」

 韓国は東京五輪のグループBでニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアと同居。準々決勝では日本、南アフリカ、メキシコ、フランスが所属するグループAの突破国と対戦することになる。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ
●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP