beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ナーゲルスマンの後任はザルツブルクのマーシュ監督か…ライプツィヒとすでに交渉開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、来季よりバイエルンの新監督になると発表された。ライプツィヒの後任監督は未定の状況だが、穴埋め役はすでに決まりつつあるようだ。

 その人物はザルツブルクのアメリカ人指導者ジェシー・マーシュと見られる。ザルツブルクのスポークスマン、クリスチャン・キルヒャー氏は『SID』に対して「すでに交渉が始まっている」と認めた。

 また、ドイツ『Kicker』も「ライプツィヒとマーシュ監督の間では個人間合意に至っており、あとは詳細を詰める段階」と伝えている。

 現在47歳のマーシュ監督は、これまでNYレッドブルズ、ザルツブルクと、レッドブルグループが携わるチームで指揮を執ってきた経歴を持ち、2018年~2019年にかけてはラルフ・ラングニックのアシスタントコーチとして、ライプツィヒに籍を置いていたことも。

 ザルツブルクでは南野拓実やアーリング・ハーランドも指導したマーシュ監督。今後はナーゲルスマンの代役として、ライプツィヒを指導することが既定路線となっている模様だ。
●ブンデスリーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP