beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウニオンGMが遠藤渓太の買い取り決断に言及「彼は難しい状況の中で…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

完全移籍に移行したMF遠藤渓太

 ウニオン・ベルリンは4月30日、横浜F・マリノスからレンタル中のMF遠藤渓太の完全移籍移行を発表。クラブのオリバー・ルーネルトGM(ゼネラルマネジャー)がその決断を説明した。

 昨夏に買い取りオプション付きの1年レンタルで横浜FMから加入した遠藤。シーズン序盤や前半戦には筋肉系の負傷も影響し、なかなか出場機会を得られず。しかし、直近の8戦のうち5試合に出場し、ドルトムント戦やバイエルン戦などには先発出場。これまで公式戦15試合(1ゴール)に出場している。

 そして、クラブは来季に向けて補強を進める中、遠藤の買い取りを決断。ルーネルトGMはクラブの公式ウェブサイトを通じて、「ケイタはシーズンの序盤にケガによる離脱を強いられながら、またこのパンデミックという難しい状況の中で、どれほどのクオリティを持ち込めるかをすでに見せてくれている」と評価を口に。「ケイタは向上心が高い上、決意が固く、才能にあふれている。今後も彼が成長し続けるため、そして我々の力になるため、時間を与えるつもりだ」と期待を込めながら続けている。

 なお、声明では遠藤自身のコメントも紹介。「言葉の壁があるにもかかわらず、ここではものすごく温かく迎えられました。最初の1日から居心地良く、今後もこのチームの一員であることに大きな喜びを感じます。個人的には今までの試合でたくさんの経験を集めることができ、来シーズンもチームメイトたちとともにブンデスリーガでプレーできることを嬉しく思います」と語っていた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集
●2021シーズンJリーグ特集ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP