beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台MF関口、同僚とサポーターのトラブルに「やった。やらない。そんな事は…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台に所属するMF関口訓充

 ベガルタ仙台のMF関口訓充が1日に自身のツイッター(@kuni32kun)を更新し、4月28日にホームで行われたルヴァン杯第4節・横浜FM戦後の選手とサポーターのトラブルについて言及した。

 仙台ではFW赤崎秀平が4月29日、自身のツイッター(@AkasakiShuhei)で「ルヴァン杯vs横浜FM戦後、サポーターに対して赤崎が中指を立てたと誤解があり、そこから、コロナ禍でありながら多数のサポーターが大声で誹謗中傷を叫ぶなどの行為がありました」と報告。

 続けて「中指を立てた事実はなく、チームを通しての話し合いでは事態がおさまらず、試合後に集まっていたサポーターに私が直接謝罪する形となりました」と説明し、「チームや代理人と相談し、現在然るべき対応を取っています」と伝えた。

 その後、クラブも1日に「4月28日の2021JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 横浜F・マリノスとの試合後に発生しましたスタジアム駐車場での選手とサポーターの事象につきまして、当クラブは同事象が発生した直後から対応を進め、4月29日に速やかにJリーグに報告いたしました」と公式サイトで発表。

 さらに「今後、当クラブとして、誤解されるようなことのないよう努めます。サポーターに対しましては、罵声、誹謗中傷などの許されない行為について、当クラブとして厳正に対処し、健全な試合運営に努めていきます」と表明した。

 関口はクラブのリリースをリツイートした上で「俺らが戦わなければいけないのは対戦相手であって仲間同士で無駄なエネルギーを消費してる場合でもない。やった。やらない。そんな事は俺にはわからんけど、大事なのは同じ方向を向いて戦う事!」と指摘。「試合は待ってくれない。ここからもう一度立ちあがろう!!勝つ為にお互い全力を尽くそう」と、サポーターに呼びかけた。

 仙台は開幕からJ1リーグ戦10試合を消化し、3分7敗(勝ち点3)で降格圏内の19位。1日の14時からホームでJ1第12節・柏戦に臨む。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP