beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]法大、明大、早大の上位は譲らず接戦制す…未勝利は慶大のみに:第5節

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治大は逆転勝ちした(写真は林幸多郎が決めた同点弾)

 JR東日本カップ2021 第95回関東大学サッカーリーグ戦1部の第5節が2日に行われた。

 4節を終えて勝ち点10で3チームが並ぶ混戦のリーグ戦。得失点差で首位に立つ法政大国士舘大と対戦し、1-0で勝利した。後半34分にMF田部井涼(4年=前橋育英高/横浜FC内定)のクロスを頭で合わせたFW大塚尋斗(3年=矢板中央高)のゴールが決勝点になった。

 2位の明治大は最下位の慶應義塾大と対戦し、2-1で勝利した。後半12分にMF橋本健人(4年=横浜FCユース/山口内定)に個人技から先制点を許したが、すぐの同14分、初先発に抜擢されていたDF林幸多郎(3年=鳥栖U-18)のゴールで振り出しに戻すと、同33分には途中出場のFW藤原悠汰(4年=広島皆実高)がダイビングヘッドで流し込んで逆転に成功した。

 3位の早稲田大流通経済大を2-1で下した。開始1分の失点で劣勢に立ったが、前半26分にMF柴田徹(3年=湘南ユース)の右クロスにFW加藤拓己(4年=山梨学院高/清水内定)がダイビングヘッドで飛び込んで同点。前半終了間際には加藤が左サイドを持ち込んだドリブルからゴール前の混戦が生まれ、MF丹羽匠(3年=G大阪ユース)が押し込んで試合をひっくり返した。 

 上位3チームはいずれも1点差勝利のため、順位の入れ替えはなかった。

 立正大に4-0で大勝した駒澤大が勝ち点9で4位に浮上。拓殖大に3-2で競り勝った順天堂大が待望の今季初勝利を挙げたため、未勝利は慶應義塾大のみとなった。

 第5節は15日に行われる。

【第5節】
順天堂大 3-2 拓殖大
[順]白井海斗2(32分、44分)、小林里駆(88分)
[拓]加藤悠馬(30分)、山中麗央(67分)

明治大 2-1 慶應義塾大
[明]林幸多郎(59分)、藤原悠汰(78分)
[慶]橋本健人(57分)

早稲田大 2-1 流通経済大
[早]加藤拓己(26分)、丹羽匠(45分)
[流]佐藤響(1分)

法政大 1-0 国士舘大
[法]大塚尋斗(79分)

駒澤大 4-0 立正大
[駒]土信田悠生2(17分、74分)、米谷拓海(28分)、宮崎鴻(83分)

桐蔭横浜大 0-2 筑波大
[筑]森海渡2(50分、63分)

●第95回関東大学L特集

TOP