beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インテルが11年ぶりのセリエA制覇! ユーベは10連覇ならず…伊サッカーは新時代へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテルがセリエAを制覇

[5.2 セリエA第34節 サッスオーロ1-1アタランタ]

 セリエAは2日に第34節を行い、2位アタランタサッスオーロと1ー1のドロー。この結果で首位インテルの11年ぶりとなるリーグ優勝が決定した。

 前半早々にGKピエルルイジ・ゴリーニを退場処分で欠いたアタランタだが、前半32分にMFロビン・ゴセンスが先制ゴールで望みをつなぐ。だが、前半を1ー0で折り返すも、後半5分にPKを献上。同点に追いつかれてしまった。

 サッスオーロも後半30分に1人退場となり、数的同数になると、試合は拮抗。結局痛み分けに終わった。

 この結果により、首位を独走していたインテルは4試合を残して優勝が決定。王者ユベントスの10連覇を阻み、3冠を達成した2009-10シーズン以来となる11年ぶりの戴冠を果たした。

●セリエA2020-21特集

TOP