beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田圭佑がネフチ・バクー加入後初ゴール! 起点→激走→自らカウンター完結

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF本田圭佑が加入後初ゴール

[5.3 アゼルバイジャン・プレミアリーグ第25節 ケシュラ0-3ネフチ・バクー]

 ネフチ・バクー(アゼルバイジャン1部)に所属するMF本田圭佑が3日、敵地で行われたアゼルバイジャン・プレミアリーグ第25節のケシュラ戦(○3-0)で加入後初ゴールを挙げた。

 シャドーで先発出場した本田は1-0の後半29分、自陣でボールを回収すると左前方へスルーパスを送り、足を止めずにPA内中央へランニング。左からの折り返しに左足で合わせ、ゴール右に突き刺した。

 本田は今年3月にネフチ・バクーへ加入し、4月4日の第21節スムガイト戦で新天地デビュー。リーグ戦出場5試合目で待望の移籍後初ゴールを記録した。

 公式戦での得点は、ボタフォゴ時代の昨年10月31日に行われたセアラーSC戦(△2-2)以来。これで日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、そしてアゼルバイジャンと、8か国のプロリーグでゴールを決めた日本人選手となった。

 試合はその後、1点を追加したネフチ・バクーが3-0で快勝。4戦負けなし(2勝2分)とし、暫定首位に浮上している。

●海外組ガイド
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP