beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ関西]履正社と阪南大高が無敗継続!金光大阪は武仲の決勝弾で今季初勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 関西は5日、第6節の3試合を行った。

 初芝橋本高(和歌山)と履正社高(大阪)の一戦は、7分にDF大津明日光が先制ゴールを奪うと、さらに90+2分にFW宮路峻輔がリーグ5点目を記録した履正社が2-0で勝って、開幕から5戦無敗に。1位と2位の激突となった大阪桐蔭高(大阪)対阪南大高(大阪)は、FW鈴木章斗の3戦連発となる先制弾に、FW石川己純も追加点を決め切った阪南大高が2-0で勝利を収め、4連勝で首位に立つ。ここまで白星のなかった金光大阪高(大阪)は、17分にMF武仲勇海が挙げたゴールがそのまま決勝点に。東海大大阪仰星高(大阪)を1-0で下し、今シーズンのリーグ初勝利を手にしている。

【第6節】
(5月5日)
[紀三井寺公園球技場]
初芝橋本高 0-2 履正社高
[履]大津明日光(7分)、宮路峻輔(90+2分)

[大阪桐蔭生駒G]
大阪桐蔭高 0-2 阪南大高
[阪]鈴木章斗(41分)、石川己純(50分)

[金光大阪高校G]
金光大阪高 1-0 東海大大阪仰星高
[金]武仲勇海(17分)

(6月12日)
[YANAGI FIELD]
京都橘高 10:40 三田学園高

(未定)
[未定]
大阪産大附高(未定)興國高

※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

TOP