beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

首位新潟を追う2位琉球&3位京都はスコアレスドロー…京都の連勝は6でストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球はホームで京都とドロー

[5.5 J2第12節 琉球0-0京都 タピスタ]

 J2第12節が5日に行われ、タピック県総ひやごんスタジアムで対戦した2位FC琉球と3位京都サンガF.C.は0-0で引き分けた。琉球は開幕からホーム7試合無敗(5勝2分)。京都は連勝が6で止まった。他会場で首位アルビレックス新潟が勝利を収めたため、琉球との勝ち点差は3、京都との勝ち点差は6に開いている。

 首位新潟を追う2位琉球と3位京都による上位直接対決。前節終了時点で新潟に次ぐリーグ2位の総得点を記録する京都が序盤から攻め込んだが、リーグ最少タイの総失点を誇る琉球を崩し切れず、前半はスコアレスで終了となった。

 後半も京都がゴール迫る中、後半4分に琉球MF風間宏矢が右サイドからクロスを送り、FW清水慎太郎がドンピシャのヘディングシュート。しかし、GK若原智哉のビッグセーブで先制とはならない。

 後半13分には京都MF川崎颯太が左サイドでのボール奪取からドリブルで運び、PA内中央へパス。受けたFWピーター・ウタカがキープから右へ出し、フリーのFW宮吉拓実が右足でゴール方向に蹴るも、好反応を見せたGK田口潤人に右足で防がれた。

 その後も互いにチャンスを作るエキサイティングな展開となったが、得点が生まれないままタイムアップ。今節を終え、首位新潟が32ポイント、2位琉球が29ポイント、3位京都が26ポイントとなっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第12節 スコア速報

TOP