beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎慎司が“めちゃ興奮”「呟きたい時にツイートするってこういうことなんやな」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエスカに所属するFW岡崎慎司

 ウエスカのFW岡崎慎司が5日に自身のツイッター(@okazakiofficial)を更新し、チェルシーのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝進出に反応した。

 チェルシーは同日の準決勝第2戦でレアル・マドリーをホームに迎え、2-0で勝利。2試合合計スコア3-1とし、優勝した2011-12シーズン以来9年ぶりのファイナル進出を果たした。決勝はマンチェスター・シティとのプレミアリーグ勢対決となっている。

 チェルシーにはDFベン・チルウェルとMFエンゴロ・カンテ、シティにはMFリヤド・マフレズが所属。岡崎はレスター・シティ時代の2015-16シーズン、ともに奇跡のプレミアリーグ優勝を経験した元チームメイトについて「カンテ、チリウェル、マフレズ。決勝で3人がプレーするんやなー」と感慨深くつづっている。

 試合内容についても「チェルシーの守備が凄くて、めちゃ興奮してる。とにかく今日は寝れなさそうや」と刺激を受けた様子で、「呟きたい時にツイートするってこういうことなんやな」と実感を込めて語った。

 また、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督はマインツ時代に指導を受けた恩師でもある。続くツイートで「そしてトーマストゥヘル監督か。やっぱり寝れないな」と付け加えた。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集
●プレミアリーグ2020-21特集

TOP