beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ北信越]新潟明訓が友坂海空の決勝弾で今季初勝利!松本U-18は唯一の無敗継続!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 北信越は9日、第5節の5試合を行った。

 新潟明訓高(新潟)と北越高(新潟)の新潟高体連対決は、70分に1年生アタッカーのFW友坂海空が決勝ゴールを叩き込み、1-0で新潟明訓が今季初勝利をゲット。松本山雅FC U-18(長野)対丸岡高(福井)の一戦は、FW田中想来とMF仲本隼翔がともに自身の今季3点目となるゴールを奪った松本U-18が、MF岡俊樹が1点を決めた丸岡を2-1で振り切り、開幕からの無敗を5に伸ばしている。

 ツエーゲン金沢U-18(石川)と星稜高(石川)の石川県勢対決は、FW柳村龍慎の先制弾で金沢U-18がリードするも、星稜はFW山崎陸成の3戦連発となる今季4点目で同点に。最後は82分にMF松浦魅空が決勝弾を記録し、金沢U-18が3位に浮上。アルビレックス新潟U-18(新潟)対カターレ富山U-18(富山)は、後半にMF高橋蒼天が挙げた1点が決勝ゴールとなり、新潟U-18が今季初の連勝。帝京長岡高(新潟)と富山一高(富山)が激突したゲームは、FW大井優太郎の2戦連発弾で富山一が先制したが、後半に1年生MF畑遼河とFW松山北斗が連続ゴールを叩き込んだ帝京長岡が、2-1で逆転勝利。2試合ぶりの勝ち点3を手にしている。
 
【第5節】
(5月9日)
[新潟明訓高]
新潟明訓高 1-0 北越高
[新]友坂海空(70分)

[松本平広域公園アルウィン芝生グラウンド]
松本山雅FC U-18 2-1 丸岡高
[松]田中想来、仲本隼翔
[丸]岡俊樹

[金沢市スポーツ交流広場]
ツエーゲン金沢U-18 2-1 星稜高
[金]柳村龍慎(42分)、松浦魅空(82分)
[星]山崎陸成(57分)

[デンカスワンフィールド]
新潟U-18 1-0 カターレ富山U-18
[新]高橋蒼天(68分)

[星稜高]
帝京長岡高 2-1 富山一高
[帝]畑遼河(64分)、松山北斗(68分)
[富]大井優太郎(18分)

※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

TOP