beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1-0、1-0、0-0PK、そして延長2-0。CB転向の寺田真紘が堅守・佐野日大の要に:栃木

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野日大高の最終ラインを支えるCB寺田真紘

[5.15 関東大会栃木県予選準決勝 宇都宮短大附高 0-2(延長)佐野日大高]

「今年からCBをやらせてもらって、守備の軸となるポジションなので、自分が統率するじゃないですけれども、リーダーシップを取ることで無失点や攻撃への繋がりが出てくると思う」

 佐野日大高は最終ラインの要を担うCB寺田真紘(3年)が責任感強い守備。対人プレーで強さを見せて相手の突破を阻止し、的確なポジショニングでゴール前に入って来るボールをCB青木柾(2年)とともに跳ね返すなど、100分間無失点で勝利に貢献した。

 そして、「勝てば次(関東大会)に進めるので、勝ちたいとみんなでアップから気持ちが出ていましたし、今週の練習も気持ち出してそういうところをみんなで共有できたので結果に繋がったと思います」と微笑んだ。

 今大会は初戦から1-0、1-0、0-0からのPK戦勝利、そして無失点での延長戦勝利。チームはなかなか得点数が増えない状況だが、守備の要は仲間とともに「基本的に守備から」入って意識高く戦い、無失点を続けている。

 浦和レッズジュニアユースに所属していた中学時代は主に左SBやボランチだった。当時、隣でプレーしていたのは先日、浦和トップチームとのプロ契約が発表された浦和レッズユースCB工藤孝太。「上手いので色々刺激も受けますし、今だいぶ高いところに行っちゃったので少しでも追いつけるように」。現在は目標とする存在と同じポジションでチームを支えている。

 高校進学後はボランチを主戦場にしていたが、コンバートされたCBでバランス感覚の高さや後方からでも攻撃を作る力を発揮する。海老沼秀樹監督はその寺田について評価する一方、チームが苦しい時により鼓舞するような力を期待。その意思を持つCBは、GK吉野翼(3年)らとともに自発的にチームメートへ向けて発信し、身体を張って堅守・佐野日大のゴールを守り抜く。
 
(取材・文 吉田太郎)

TOP