beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ北信越]松本U-18は6戦無敗で暫定首位に!北越、帝京長岡も白星!:第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 北信越は9日、第6節の3試合を行った。

 北越高(新潟)対アルビレックス新潟U-18(新潟)の新潟対決は、新潟U-18が1年生MF石山青空のゴールで先制するも、DF鈴木洸聖とこちらも1年生MF高橋航輝が得点を記録した北越が、逆転で勝ち切って第2節以来の今季2勝目。松本山雅FC U-18(長野)は新潟明訓高(新潟)をホームに迎え、FW田中想来の2戦連発弾とFW仲本隼翔の3戦連発弾で、2-0と勝利を収め、無敗をキープしながら暫定首位に浮上。丸岡高(福井)と帝京長岡高(新潟)の一戦は、帝京長岡がFW川村千太と1年生FW堀颯汰がゴールを奪い、2-0と勝利。連勝を飾っている。

【第6節】
(5月16日)
[北越高]
北越高 2-1 アルビレックス新潟U-18
[北]鈴木洸聖(31分)、高橋航輝(62分)
[新]石山青空(21分)

[松本市かりがねサッカー場人工芝グラウンド]
松本山雅FC U-18 2-0 新潟明訓高
[松]田中想来(22分)、仲本隼翔(52分)

[テクノポート福井スタジアム]
丸岡高 0-2 帝京長岡高
[帝]川村千太(5分)、堀颯汰(67分)

(未定)
[未定]
星稜高 vs カターレ富山U-18

[未定]
富山一高 vs ツエーゲン金沢U-18

※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

TOP