beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユンカー2発!! 田中達也1G2A!! 前半3発の浦和、2戦連続完封勝利…監督交代のG大阪は3連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズガンバ大阪に快勝

[5.16 J1リーグ第14節 G大阪 0-3 浦和 パナスタ]

 J1リーグ16日、第14節を開催し、パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪浦和レッズが対戦。前半16分にFWキャスパー・ユンカーの得点で浦和が先制すると、同20分にMF田中達也、同40分にユンカーが加点して3-0の完封勝利を収めた。

 ここ5戦未勝利(2分3敗)で14日に宮本恒靖監督との契約解除、松波正信強化アカデミー部長が暫定的に監督を兼務することを発表したG大阪は、12日の第20節広島戦(●1-2)から先発2人を入れ替え、FW宇佐美貴史、FWチアゴ・アウベスらを先発起用。一方、アウェーの浦和は前節仙台戦(○2-0)から先発2人を入れ替え、MF柴戸海、田中らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半3分に浦和がゴールに迫るが、ユンカーのラストパスから放ったFW武藤雄樹のシュートはGK東口順昭に阻まれてしまう。同7分にはG大阪。FW一美和成のパスを受けた宇佐美がPA外から狙うも、枠を捉えたシュートはGK鈴木彩艶に弾き出されてしまった。

 すると、前半16分に浦和が試合を動かす。右から左、左から右へとボールを展開すると、最後は右サイドの田中が送ったクロスをユンカーがヘディングで叩き込み、スコアを1-0とした。5日のルヴァン杯第5節柏戦でデビュー弾を叩き込んだユンカーは、9日のJ1第13節仙台戦戦に続き、リーグ戦2戦連発、公式戦3試合連続ゴールを記録することになった。

 攻撃の手を緩めない浦和は、先制から4分後の前半20分に追加点を奪取。右サイドからユンカーが送ったサイドチェンジをDF明本考浩が受けると、グラウンダーのクロスに走り込んだ田中が右足で蹴り込んでリードを2点差に広げた。さらに同40分にはカウンターから田中が右サイドを突破してPA内まで持ち込むと、ラストパスをユンカーが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、スコアを3-0とした。

 前半だけで浦和が3点のリードを奪うと、G大阪はFWレアンドロ・ペレイラとFW塚元大をピッチへと送り込む。さらに同26分にはFWパトリック、同33分にMFチュ・セジョンとMFウェリントン・シウバを投入し、状況を打開しようと試みる。

 しかし、最後までG大阪に得点は生まれず。前半だけで大量リードを奪った浦和が3-0のまま逃げ切り、2試合連続完封勝利。一方、6戦未勝利となったG大阪は3連敗を喫することになった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP