beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ北信越]FW仲本が得点ランク首位の5得点目!首位・松本U-18が北越と引き分け、無敗キープ:第7節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 北信越は22日、第7節の2試合を行った。

 4勝2分で首位の松本山雅FC U-18(長野)は北越高(新潟)と対戦。後半13分に北越のFW林叶磨に先制点を奪われたが、同19分にFW仲本隼翔が今季5得点目(得点ランキング首位)となる同点ゴールを決め、1-1の引き分けに持ち込んだ。

 カターレ富山U-18(富山)は新潟明訓高(新潟)のMF真保瑠輝に先制点を許したものの、FW丸山陽大とFW春木慎之介のゴールによって2-1で逆転勝ち。今季初白星を挙げている。

【第7節】
(5月3日)
[富山一高]
富山一高 2-0 丸岡高
[富]高木克徳(62分)、中川晟(68分)

(5月22日)
[北越高]
北越高 1-1 松本山雅FC U-18
[北]林叶磨(58分)
[松]仲本隼翔(64分)

[新潟明訓高]
新潟明訓高 1-2 カターレ富山U-18
[新]真保瑠輝(13分)
[富]丸山陽大(36分)、春木慎之介(56分)

(6月19日)
[新潟聖籠スポーツセンター]
アルビレックス新潟U-18 10:30 ツエーゲン金沢U-18

(未定)
[未定]
星稜高 未定 帝京長岡高

※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

TOP