beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

何があった? 金沢に珍しいワンシーン…磐田がルキアンの豪快弾で3連勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を挙げた磐田FWルキアン

[5.29 J2第16節 磐田1-0金沢 ヤマハ]

 J2第16節が29日に行われ、4位ジュビロ磐田はホームで12位ツエーゲン金沢に1-0で勝利した。後半11分に生まれたFWルキアンのゴールが決勝点。3連勝で6試合負けなし(4勝2分)とした。

 立ち上がりから拮抗した展開が続く中、奪ってからの速い攻撃でリズムをつかんだ金沢は、飲水タイム明けの前半24分に決定機を迎える。

 MFホドルフォが敵陣でのボール奪取からPA内左に抜け出し、GK三浦龍輝を引き付けて右方向へパス。走り込んだFW瀬沼優司は無人のゴールに至近距離から押し込むだけだったが、右足のシュートは枠の右に外れてしまった。

 そのままスコアレスで折り返すと、後半11分に磐田が先制する。MF松本昌也のスルーパスからルキアンがフリーでPA内右に進入。角度のない位置で右足を振り抜き、強烈なシュートを逆のサイドネットに突き刺した。

 得点ランキング首位の今季10ゴール目を挙げたルキアンはさらに後半13分、PA内左から右足で低いシュート。しかし右ポストを叩き、跳ね返りに自ら反応して放ったシュートも枠を外れた。

 ビハインドを負った金沢は最後までゴールを奪えず、0-1でタイムアップ。3試合ぶりの黒星を喫し、7戦未勝利(3分4敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第16節1日目 スコア速報

TOP