beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

徳島はDFカカが加入後初ゴールも…湘南は町野が同点弾を決め切り、痛み分けドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.30 J1第17節 徳島1-1湘南 鳴門大塚]

 J1リーグは30日に第17節を行った。徳島ヴォルティス湘南ベルマーレの対戦は、1ー1のドロー。互いに白星を奪うことはできなかった。

 徳島は3試合ぶりの、湘南は4試合ぶりの白星を狙うべく、両者が対戦。序盤から試合は動いていく。徳島は前半13分、Jリーグ通算300試合出場のMF岩尾憲が右CKを蹴ると、混戦になる。すると、再びボールを奪ったのは岩尾。右サイドからクロスを上げ、ファーサイドのDFカカがヘディングシュートで加入後初ゴールを叩き込んだ。

 湘南もすかさず追いついてみせる。前半23分、GK谷晃生のロングフィードをFWウェリントンが頭で最前線へ。反応したFW町野修斗が相手DFを置き去りに、そのままノーマークでPA中央に入り込む。GK上福元直人の動きを冷静に見ながら右足シュートを放ち、1ー1と試合を振り出しに戻した。

 湘南は後半開始からJ1デビュー戦となった高卒ルーキーのMF平岡大陽に代えて、MF山田直輝を入れる。同16分にはMF名古新太郎とMF田中聡も下げ、MF中村駿とFW池田昌生を入れた。

 一方、徳島は後半12分に3枚のカードを切る。DFジエゴ、MF渡井理己、FW杉森考起に代えて、DF藤田征也、MF西谷和希、MFクリスティアン・バトッキオが入った。

 湘南は後半34分にMF畑大雅を下げ、MF高橋諒が入る。徳島は35分に岩尾に代わり、MF藤田譲瑠チマを投入。40分にはMF宮代大聖を下げてFW河田篤秀が出場した。

 終盤は湘南が攻勢を強めるが、決め切ることはできず。そのまま1ー1で試合は終了。勝ち点1を分け合う形になった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP