beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

オーバーエイジの存在感に脱帽…久保建英「モノが違うなと改めて思った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ下で先発したMF久保建英

[6.5 国際親善試合 U-24日本 6-0 U-24ガーナ ベススタ]

 オーバーエイジの存在感の大きさを改めて痛感した。オーバーエイジの3人がそろって先発したガーナ戦は6-0の完勝。U-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)は「みんな見ていて分かったと思うけど、(オーバーエイジの3人は)本当に安定感があって、奪ってほしいところで奪ってくれる。(ポジション的に)自分が一番近かったのは酒井宏樹選手だったけど、モノが違うなと改めて思った」と素直に脱帽した。

 ボランチのMF遠藤航、右サイドバックのDF酒井宏樹、センターバックのDF吉田麻也。吉田とコンビを組んだ東京五輪世代のDF冨安健洋を含め、守備陣はA代表の選手たちでほぼ固められていた。「オーバーエイジだからというよりは、あの3人は抜けているなと、もともと思っていた」。後ろの安定感が攻撃にリズムをもたらしたのは間違いない。

 久保自身は前半16分、MF堂安律の先制点につながるシュートを放ち、同32分にはFW上田綺世の落としを左足でゴールに叩き込んだ。スタートポジションは久保がトップ下、堂安が右サイドだったが、試合の中で流動的にポジションチェンジ。「そこは試合に入ったら感覚。(堂安とは)波長も近いし、同じレフティーなので、似た特徴の選手がいると自分もやりやすいし、相手も嫌なのかなと思う」と手応えを口にした。

 ただ、後半は若干プレーの精度も落ち、後半33分に交代。3日のA代表とのチャリティーマッチ(●0-3)から中1日で迎えた一戦で、「言い訳にはしたくない」としながらも、「後半は自分も足をつりかけて、いつもなら簡単に通せるパスも引っかけて、みんなに迷惑をかけてしまった」と反省する。とはいえ、この日の勝利につながったのは2日前の悔しさがあったからこそ。「(A代表戦の敗戦は)自分が一番悔しかったと思っている。今日しっかり勝てて、点にも絡めて良かった」と安堵の表情を見せた。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP