beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

順天堂大が大金星!!延長戦の小林里駆“恩返し弾”でFC東京撃破!!堀池監督が清水三羽烏対決制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.9 天皇杯2回戦 FC東京1-2(延長)順天堂大 味フィ西]

 順天堂大がJ1のFC東京を破る大波乱を起こした。

 前半9分にFW永井謙佑に先制点を奪われた順大だが、後半終了間際の43分、MF白井海斗が値千金の同点弾を決めて延長戦に持ち込む。

 そして延長前半アディショナルタイム2分、FW小林里駆がPKを決めて逆転に成功。FC東京U-18出身の大学2年生が、古巣相手に強烈な一発を突き刺した。

 順大を率いるのは元日本代表の堀池巧監督。FC東京の長谷川健太監督とは、大榎克己氏とともに“三羽烏”の愛称で清水東高時代から大きな話題を集め、Jリーグが開幕すると、“清水三羽烏”として清水エスパルスで活躍。この日は試合前から対決に注目が集まっていたが、堀池監督が大金星を飾った。
●第101回天皇杯特集ページ

TOP