beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デビュー戦2発のシンデレラ塩越、東京五輪へ滑り込みアピール「悔いのないように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.10 国際親善試合 日本女子8-0ウクライナ女子 Eスタ]

 東京オリンピックに向け、日本女子代表(なでしこジャパン)にシンデレラ候補が現れた。代表初先発となったMF塩越柚歩は前半5分、FW岩渕真奈のマイナスクロスを上手く流し込んで先制点を記録。さらに3-0で迎えた前半41分には岩渕のシュートのこぼれ球を押し込んで、リードを広げる得点を奪った。

 昨年10月に行った代表候補合宿でなでしこジャパン初招集を受けた塩越。今年4月の親善試合2試合でも招集を受けると、東京五輪直前に与えられたビッグチャンスをしっかりとものにし、東京五輪メンバー入りへ大アピールした。

 試合後は「1点目はブチさんからいいクロスを上げてくれた。上手く入ってくれて良かった」と初々しくインタビューに答えた塩越。「スタートからでも途中からでも自分のやることをしっかりピッチで出し切って、悔いのないように合宿を終えたい」と意気込んだ。
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP