beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野拓実が日本代表を途中離脱「クラブ事情のため」、歴代最長タイW杯予選7戦連続ゴール継続中

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF南野拓実が日本代表から離脱

 日本サッカー協会(JFA)は12日、日本代表メンバーのMF南野拓実が途中離脱したことを発表した。

 JFAによると、南野の離脱は「クラブ事情のため」。昨シーズン途中からサウサンプトンに期限付き移籍していたが、リバプールにレンタルバックされる予定となっている。

 日本代表は15日にW杯アジア2次予選でキルギスと対戦。南野は7日のタジキスタン戦でゴールを挙げ、W杯予選7試合連続ゴールは継続中。本田圭佑と並ぶ歴代最長タイの記録となっているが、本田も欠場を挟んだ出場試合による得点記録のため、南野の記録継続も影響はないとみられる。

●カタールW杯アジア2次予選特集
●カタールW杯各大会予選一覧

TOP