beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京は怒涛のブラジル人トリオ全員ゴール! 第1戦先勝の湘南を破り、逆転でルヴァン杯8強入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制ゴールを決めたFWレアンドロ

[6.13 ルヴァン杯PO第2戦 湘南 1-4 FC東京 レモンS]

 ルヴァンカップは13日にプレーオフステージ第2戦を行った。湘南ベルマーレFC東京の対戦は、FC東京がブラジル人トリオの活躍で4ー1の勝利。2試合合計4ー2で逆転し、ベスト8入りを果たした。

 第1戦は湘南がアウェーゴールを奪い、1ー0で先勝。2018年の覇者は第2戦で本拠地​レモンガススタジアムに相手を迎えた。追いかける前回王者・FC東京は序盤から攻勢を強めていく。

 前半11分には先制ゴール。FW永井謙佑の負傷で試合が中断していたが、DF森重真人のFKで再開する。敵陣にボールを飛ばすと、FWディエゴ・オリヴェイラがポストプレー。FWレアンドロが鋭い右足ボレーで合わせ、ゴールに叩き込んだ。

 先制後、負傷した永井はFWアダイウトンと交代する。前半35分には左サイドからレアンドロが鋭いスルーパス。反応したD・オリヴェイラがPA左から左足シュートを放ち、ゴール右隅に追加点を決めた。

 FC東京は前半41分に3点目。DFバングーナガンデ佳史扶が左サイドから多彩なキックを飛ばす。一度目は高めで、跳ね返された二度目はグラウンダーのクロス。D・オリヴェイラが落とすと、最後はアダイウトンが豪快シュートを叩き込んだ。

 しかし、湘南も前半44分に1点を返す。細かいパスワークから右サイドのMF岡本拓也が中央に、さらにMF山田直輝がPA手前にパス。最後はMF中村駿が右足シュートをゴール右隅に突き刺した。

 FC東京が前半で3ー1のリードとなるが、2試合合計では3ー2とわずか1点差。ハーフタイムで両者交代カードを切り、FC東京はDF中村拓海に代えてDF岡崎慎を投入する。湘南は3枚替え。FW大橋祐紀、MF名古新太郎、岡本に代えて、FWウェリントン、FW池田昌生、DF畑大雅を入れた。

 さらに湘南は後半27分にDF大野和成を下げ、MF田中聡を出場させる。同32分には中村に代えてMFオリベイラを入れた。

 FC東京はブラジル人トリオを終了間際まで代えず。後半アディショナルタイムには、D・オリヴェイラのパスからアダイウトンがダメ押しの4点目。4ー1で試合を締め、2試合合計4ー2で準々決勝に駒を進めた。

●ルヴァン杯2021特設ページ

TOP