beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

W杯アジア最終予選進出チームが決定!! 日本、イラン、韓国、豪州など12か国

このエントリーをはてなブックマークに追加

 カタールW杯アジア2次予選は15日、全日程が終了し、最終予選に進出する12か国が出揃った。6か国ずつの2グループに分かれて開催される最終予選は、7月に組み合わせ抽選が行われ、9月に開幕する予定となっている。

 各組1位の日本(F組)、シリア(A組)、オーストラリア(B組)、イラン(C組)、サウジアラビア(D組)、UAE(G組)、韓国(H組)はストレートで2次予選突破。また各組2位の上位4チームに入った中国、オマーン、イラク、ベトナムに加え、開催国カタールがE組1位の枠を埋めたため、代わりに各組2位の上位5チーム目に入ったレバノンも最終予選進出を決めた。

 2次予選の全勝は日本とオーストラリアのみ。6勝2分のサウジアラビア、7勝1分のカタール、5勝1分の韓国(同組の北朝鮮が辞退したため2試合無効)が無敗だった。

 最終予選進出チームと、FIFAランキングは以下のとおりとなっている。

28.日本
31.イラン
39.韓国
41.オーストラリア
65.サウジアラビア
68.イラク
73.UAE
76.中国
79.シリア
80.オマーン
92.ベトナム
93.レバノン

●カタールW杯アジア2次予選特集
●カタールW杯各大会予選一覧

TOP