beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

四国は讃岐U-18がリーグ3連勝で、2大会連続2度目の全国へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会四国予選が5月15日から29日まで行われ、カマタマーレ讃岐U-18が3連勝を飾り、2大会連続2度目の全国出場を決めている。

 讃岐U-18は、初戦で今治U-18を3-2と振り切って白星を挙げると、徳島ユース戦では小山聖也がハットトリックを達成するなど、5ゴールを奪って快勝。2連勝同士の激突となった愛媛U-18戦でも、小山の3戦連発弾に富永拓斗も得点を重ね、2-0で勝利。四国代表の1枠を勝ち獲った。

【四国】
(5月15日)
愛媛FC U-18 2-0 徳島ヴォルティスユース
カマタマーレ讃岐U-18 3-2 FC今治U-18

(5月22日)
愛媛FC U-18 2-0 FC今治U-18
カマタマーレ讃岐U-18 5-2 徳島ヴォルティスユース

(5月29日)
徳島ヴォルティスユース 2-1 FC今治U-18
カマタマーレ讃岐U-18 2-0 愛媛FC U-18

[リーグ順位表]
1.カマタマーレ讃岐U-18(9)+6
2.愛媛FC U-18(6)+2
3.徳島ヴォルティスユース(3)-4
4.FC今治U-18(0)-4


▼関連リンク
第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集

TOP