beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウド、今思えば“黒歴史”? 過去のCM映像にスペイン紙が注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン紙がFWクリスティアーノ・ロナウドの過去映像に注目

 現在のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドからは想像できない? スペイン『マルカ』が過去に同選手が出演したCMに注目している。

 徹底した自己管理を行うことで知られるC・ロナウドは先日、EURO2020の記者会見で大会スポンサーの1つであるコカ・コーラのペットボトル2本を自分の前から横に遠ざけ、水のペットボトルを掲げて「アグア(ポルトガルで水の意)」と主張した。これが大きな話題となり、コカ・コーラ社の株価が一時下落したことも報じられている。

 スペイン『マルカ』は「2006年ワールドカップに向けたコカ・コーラ社のCMにクリスティアーノ・ロナウドが主演!」と、当時C・ロナウドが同社のCMに出演していたことを動画とともに紹介。CMの内容は、コカ・コーラの缶にふんしたC・ロナウドが冷蔵庫の中で氷を華麗にコントロールし、最後はコカ・コーラの入った遠くのコップにシュートを決めるというものだ。

 同紙は「若き日のクリスティアーノが国際的なイメージを拡大し始めたとき、彼は今では嫌っている飲料ブランドのキャンペーンに迷わず出演した。2006年のワールドカップに向けて公開されたこの映像では、ポルトガルのスター選手が冷蔵庫の中でコカ・コーラの缶に囲まれてサッカーをしている」と現在とのギャップを伝えた。


●EURO2020特集

TOP