beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

コロンビア対ベネズエラはスコアレス泥試合…両者ピリピリムードで警告連発も

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロンビアとベネズエラは一触即発の場面も

[6.17 コパ・アメリカGL第2節 コロンビア0-0ベネズエラ ゴイアニア]

 コパ・アメリカのグループB第2節が17日に行われた。コロンビア代表とベネズエラ代表の対戦は、スコアレスドローに終わった。

 開幕白星を飾ったコロンビアは、前節ベンチスタートだったFWドゥバン・サパタとFWルイス・ムリエルを先発起用。しかし、初戦でブラジルに大敗を喫したベネズエラのブロックを破れず、前半はスコアレスで折り返す。

 後半も拮抗状態は続く。後半33分には互いにフラストレーションが溜まり、コロンビア代表DFフアン・クアドラードとベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラが一触即発の場面も見せた。後半45分間でイエローカードは7枚が両者に出されている。

 後半アディショナルタイム3分過ぎにはコロンビアFWルイス・ディアスが危険なタックルで一発退場。試合はそのまま終了し、スコアレスドローで痛み分けとなった。コロンビアは21日の第3節でペルーと、ベネズエラはエクアドルと対戦する。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2021特集ページ

TOP