beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

人種差別発言を受けるイングランド代表MFブカヨ・サカにアルテタ「強いキャラクターを持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アーセナルミケル・アルテタ監督が、人種差別発言を受けているイングランド代表MFブカヨ・サカを擁護した。

 サカはEURO(ユーロ)2020決勝のイタリア戦に途中出場を果たした。チームは1-1で延長戦を戦い終えPK戦に突入。イングランドはハリー・ケイン、ハリー・マグワイアが連続で成功するも、マーカス・ラッシュフォード、ジェイドン・サンチョ、サカと連続で失敗し、3-2で敗れた。

 試合後、ソーシャルメディア上ではPKを失敗した3選手に対する人種差別的な中傷が溢れており、FAやイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督はこの行動を非難する声明を発表した。

 アルテタ監督は、個人的にサカとコミュニケーションを取ったかと聞かれ『スカイ・スポーツ』に対して次のように答えた。

「彼は元気になってくれるだろう。とても強いキャラクターを持っているからね。サッカー界から多くの愛情とサポートを受けている。アーセナルだけでなく、ナショナルチームやイングランドのファンからもね。そして彼はこういうことを切り抜けてきた」
●EURO2020特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP