beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

JFL鈴鹿の監督兼GMにカズの兄・三浦泰年氏が就任「目標であるJ3昇格に向けて」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴鹿の監督兼GMに三浦泰年氏(写真は鹿児島の指揮官時代)

 鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)は15日、監督兼GMに三浦泰年氏(56)が就任内定したことを発表した。

 三浦氏は2003年に現役引退後、ギラヴァンツ北九州や東京ヴェルディ、カターレ富山、鹿児島ユナイテッドFCなどの監督を歴任。国内にとどまらず、15年にチェンマイFC(タイ)、2019-20シーズンはブラジルのソコーロSC U-20を指揮していた。横浜FCに所属するFW三浦知良を弟に持つ。

 クラブを通じて、「この難しいタイミングでの就任は覚悟と責任を持つ必要がある決断でした。クラブの目標であるJ3リーグ昇格に向けてしっかり努力していきたいと思います」とコメントを発表した。

 三浦氏は20日のトレーニングから合流し、25日のJFL第18節FC刈谷戦から指揮を執る。暫定監督として指揮を執っていた小澤司コーチ兼TDは引き続きコーチ兼TDを務める予定。

TOP