beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

琉球が規律違反のFW清水慎太郎に謹慎&減俸処分…コロナ禍で「不適切行動」

このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球FW清水慎太郎が規律違反

 FC琉球は16日、FW清水慎太郎(28)のクラブ規律違反に対して、きょう16日から1週間の謹慎処分と減俸処分を科したことを発表した。

 クラブよると、新型コロナウイルス感染症拡大抑止に向けた国による緊急事態措置期間が継続されている中、県対処方針に加えクラブ行動規律違反が認められ、本人に事実確認・事情聴取を行い、処分決定に至ったという。

 清水は今季、岡山から完全移籍で加入。ここまで22試合に出場し、4得点を記録している。

 公式サイトを通じて、小川淳史取締役社長は「この度、当該選手にコロナ禍において不適切行動が確認され、処分を行うこととなりました。クラブとしても気の緩みがあったと反省し、チーム・クラブ全体に対し改めて強く注意喚起をしていくと共に、再発防止に真摯に取り組んで参る所存です。関係者皆様に対しご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」とコメントを発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2021特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP