beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

503試合で記録更新…家本政明主審がJリーグ歴代最多出場レフェリーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

家本政明氏がJリーグ歴代最多出場レフェリーに

 Jリーグは18日、同日に行われたJ1第20節・サガン鳥栖対名古屋グランパスにおいて、Jリーグ担当審判員(主審)の家本政明氏(48)がリーグ戦通算最多出場記録を更新したことを発表した。

 Jリーグ公式サイトによると、家本氏は2002年3月21日のJ1リーグディジョン2第4節・アビスパ福岡対横浜FC戦で主審を初めて担当。その後、J1は328試合、J2は173試合、J3は2試合を担当してきた。18日の試合で、これまで記録していた吉田寿光氏(57)の502試合を抜き、最多出場記録を更新した。

以下、Jリーグ担当審判員(主審)のリーグ戦通算最多出場記録
1.家本政明(48):503試合(J1:328、J2:173、J3:2)
2.吉田寿光(57):502試合(J1:338、J2:164、J3:0)
3.村上伸次(52):490試合(J1:296、J2:191、J3:3)
4.西村雄一(49):489試合(J1:342、J2:144、J3:3)
5.松尾一(48):462試合(J1:324、J2:135、J3:3)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP