beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J2新潟がサポーターの禁止行為で謝罪、クラブスタッフにも「厳重注意」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルビレックス新潟は19日、今月17日にアウェーで行われたJ2第23節京都戦(△1-1)で、ビジターの新潟サポーターから禁止行為の「声を出す応援(ブーイング、指笛)」が行われていたと公表した。これを受けて「サポーターの皆様も、あらためてJリーグ新型ウイルス感染症対応ガイドラインをご確認のうえ、Jリーグならびに各クラブで定める観戦ルールを遵守した中で、昇格に向け一丸となって戦う選手・チームを後押しくださいますよう、強くお願い申し上げます」と呼びかけている。

 またクラブスタッフが試合中に大声を出す行為も確認したといい、「多くのサポーターの皆様から、ガイドライン、観戦ルールを遵守いただいている中、クラブスタッフによる度を超える行為については、当人を厳重注意とし、クラブとして再発防止に努めさせていただきます」としている。

 クラブは公式サイトを通じて「当日はすばらしいスタジアムにおいて感染予防を講じながら運営・観戦を実施されていた京都サンガF.C.のクラブ関係者、サポーターの皆様、さらにはJリーグを愛する全ての皆様へ不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます」と謝罪。「当クラブにおきましても、再発防止に向け、新型ウイルス禍においての行動や試合観戦方法について、あらためてサポーターの皆様と考える時間を設け、一日でも早く通常の日常、そしてJリーグに戻れるよう、サポーターの皆様と一丸となって努めてまいりますので、ご理解のほど、お願い申し上げます」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP