beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人トップは? ドイツ専門サイトが東京五輪に出場する選手の市場価値ランク発表! 1位はスペインの至宝

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナに所属するU-24スペイン代表MFペドリ

 ドイツのサッカー専門サイト『トランスファーマルクト』が20日、東京オリンピックに出場する選手の市場価値ランキングを発表した。

 1位に輝いたのは、U-24スペイン代表のMFペドリで8000万ユーロ(約103億3000万円)。バルセロナ加入1年目の2020-21シーズンにいきなりレギュラーポジションをつかんだ逸材は、17日の日本との国際親善試合(△1-1)でも途中出場から同点ゴールの起点になるなど、優れたテクニックで存在感を示した。

 また、日本人トップは全体22位のDF冨安健洋で2000万ユーロ(約25億8000万円)。ボローニャに所属する22歳を巡っては、トッテナムアーセナルが獲得を狙っていると報じられている。

 ランキングは上位50名まで発表されており、32位にレアル・マドリーMF久保建英、49位にはシュツットガルトMF遠藤航が入った。市場価値はそれぞれ1500万ユーロ(約19億4000円)、1000万ユーロ(約12億9000万円)となっている。

以下、市場価値ランキング上位10名

1. ペドリ(スペイン/バルセロナ):8000万ユーロ(約103億3000万円)
2. ミケル・オヤルサバル(スペイン/ソシエダ):7000万ユーロ(約90億4000万円)
3. リシャルリソン(ブラジル/エバートン):5500万ユーロ(約71億円)
4. フランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン):5500万ユーロ(約71億円)
5. ダニ・オルモ(スペイン/ライプツィヒ):5000万ユーロ(約64億6000万円)
6. パウ・トーレス(スペイン/ビジャレアル):5000万ユーロ(約64億6000万円)
7. ジエゴ・カルロス(ブラジル/セビージャ):4500万ユーロ(約58億1000万円)
8. カルロス・ソレール(スペイン/バレンシア):4000万ユーロ(約51億7000万円)
9. ミケル・メリノ(スペイン/ソシエダ):4000万ユーロ(約51億7000万円)
10.ドウグラス・ルイス(ブラジル/アストン・ビラ):3500万ユーロ(約45億2000万円)

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP