beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋がポーランド代表FWシュヴィルツォクを獲得!! レバンドフスキの控えでEURO出場、欧州カップ通算11ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWヤクブ・シュヴィルツォク

 名古屋グランパスは20日、ポーランド代表のFWヤクブ・シュヴィルツォク(28)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。同選手はEURO2020(欧州選手権)でFWロベルト・レバンドフスキの控えとして1試合に出場していた。

 シュヴィルツォクは昨季までポーランド1部のピアスト・グリビツェに所属。23試合で15ゴールを挙げていた。ブルガリアのルドゴレツに所属していた3シーズンではUEFAヨーロッパリーグにも出場。予選も含めて通算11ゴールを挙げた実績を持つ。

 入国日は調整中。来日後は所定の待機措置を経て、チームに合流する予定だという。

 クラブを通じて「グランパスファミリーの皆さん、はじめまして。私が新たなストライカーです。グランパスのようなビッグクラブでプレーができて幸せです。グランパスファミリーの皆さんと一緒に試合で勝ち続けたいと思います。スタジアムでお会いしましょう!クバ#40」とコメントしている。

 クラブ発表のプロフィールは次のとおり

●FWヤクブ・シュヴィルツォク
(Jakub Świerczok)
■生年月日
1992年12月28日(28歳)
■出身地
ポーランド
■身長/体重
184cm/86kg
■背番号
40
■愛 称
Kuba(クバ)
■経歴
ポロニア・ビトム(ポーランド)-カイザースラウテルン(ドイツ)-ピアスト・グリビツェ(ポーランド)-カイザースラウテルンII(ドイツ)-ザビシャ・ビドゴシュチュ- グルニク・ウェンチナ-GKSティヒ-ザグウェンビェ・ルビン(以上ポーランド)-ルドゴレツ(ブルガリア)-ピアスト・グリビツェ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP