beacon

原口元気が先制アシスト!ウニオン・ベルリン今季初勝利!!好調示し日本代表合流へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.29 ブンデス1部第3節 ウニオン・ベルリン2-1ボルシアMG]

 日本代表MF原口元気の所属するウニオン・ベルリンはホームでボルシアMGと対戦し、2-1で勝利。開幕から2試合連続で引き分けだったウニオンが今季初勝利を挙げた。

 先制は前半22分、FW2人が高い位置でボールを奪い切ったウニオンは、FWマックス・クルーゼが右サイドのフリースペースに展開。ここに原口が走り込むと、ファーサイドに上げたクロスをMFニコ・ギーセルマンが頭で合わせて試合を動かす。

 さらにウニオンは前半41分、カウンターからドリブルで運んだFWタイウォ・アウォニイがクルーゼに預けると、すかさずゴール前に侵入。スルーパスでGKと1対1になると、冷静にかわして流し込み追加点を奪った。

 原口は中盤3枚の右でプレー。攻守でアクセントになったが、後半16分に途中交代した。チームは後半アディショナルタイムに1点を失ったが、前半で奪ったリードを守り抜いて、今季初勝利。なお、MF遠藤渓太は3試合連続でベンチ外だった。

 原口はこのあと、W杯アジア最終予選を戦う日本代表に合流。日本代表は9月2日にホームでオマーンと、同7日に中立地のカタールで中国と対戦する。
●海外組ガイド●ブンデスリーガ2021-22特集

TOP