beacon

原口途中出場遠藤出番なしのウニオン、終了間際の得点で奥川先発ビーレフェルトに勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウニオンが後半43分の得点で勝利した

[9.26 ブンデス1部第6節 ウニオン・ベルリン1-0ビーレフェルト]

 ウニオン・ベルリンがホームでビーレフェルトを1-0で破り、3試合ぶりとなる今季2勝目を挙げた。

 ベンチスタートのMF原口元気は3試合連続となるベンチスタートだったが、後半35分から途中出場。出場してすぐにミドルシュートを放つなど積極的なプレーで攻撃陣を活性化させると、ウニオンは同43分に大きな展開からFWケビン・ベーレンスが角度のないところから難しいシュートを蹴り込み、先制に成功。ウニオンがホームで勝ち点3を挙げた。

 なお、MF遠藤渓太も3試合連続でベンチ入りしたが、この日は出番なし。一方のビーレフェルトではMF奥川雅也が先発出場したが、原口が登場前の後半33分で途中交代したため、日本人マッチアップとはならなかった。
●海外組ガイド●ブンデスリーガ2021-22特集

TOP