beacon

ノースロンドン・ダービー快勝のアーセナル!! 開幕3連敗も…冨安加入後3連勝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF冨安健洋とFWソン・フンミン

[9.26 プレミアリーグ第6節 アーセナル 3-1 トッテナム]

 プレミアリーグは26日、第6節を行い、DF冨安健洋が所属するアーセナルトッテナムによる「ノースロンドン・ダービー」が開催され、アーセナルが3-1の勝利を収めて3連勝を飾った。

 加入後、2試合連続先発出場を果たして2試合連続1-0の完封勝利に貢献した冨安。この日もスタメンに名を連ね、右SBの位置でスタート。対面するトッテナムの左ウイングには韓国代表FWソン・フンミンが入った。

 前半7分にアーセナルがゴールに迫る。左サイドから送られたラストパスに走り込んだFWピエール・エメリク・オーバメヤンがフィニッシュも、GKウーゴ・ロリスに阻まれてしまう。しかし、同12分に早くもアーセナルが試合を動かす。右サイドでボールを受けたMFブカヨ・サカの折り返しにMFエミール・スミス・ロウが反応すると、右足のシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 その後もリズムをつかんで試合を進めるアーセナルは、MFトーマス・パーテイやオーバメヤンらが積極的にフィニッシュ。一方のトッテナムは前半22分、冨安が攻め上がったスペースからボールを運んだソン・フンミンがPA内まで持ち込み左足の強烈なシュートを放ったものの、GKアーロン・ラムズデールに弾き出されてしまった。

 すると、前半28分にアーセナルが追加点を奪取。オーバメヤンのパスから左サイドを駆け上がったスミス・ロウがPA内まで持ち込むと、ラストパスをオーバメヤンが左足で蹴り込んでリードは2点差に。さらに同35分にはカウンターからPA内まで運んだサカが、自らのパスのこぼれ球を拾って右足でねじ込み、アーセナルが前半だけで3点のリードに成功した。

 3-0とアーセナルがリードしたまま後半を迎えると、トッテナムはDFエメルソン・ロイヤルとMFオリバー・スキップを投入して状況を打開しようと試みる。

 対面するソン・フンミンに仕事らしい仕事をさせていない冨安。後半7分には自陣でパスカットを成功させて勢いそのままに攻撃参加。サカに預けて、自身は敵陣まで駆け上がってクロスを供給しようとし、同9分にはCKからヘディングシュートを放つなど、攻撃面でも積極性を示す。

 後半17分にはトッテナムがゴールに迫るが、FWハリー・ケインの枠を捉えたシュートはラムズデールに弾き出され、こぼれ球にいち早く反応した冨安にクリアされてしまった。同34分にDFセルヒオ・レギロンのラストパスをソン・フンミンが蹴り込み、1点を返したトッテナムだったが反撃もここまで。

 逃げ切ったアーセナルが3-1の勝利。開幕3連敗とスタートダッシュに失敗したものの、その後は3連勝と盛り返してきている。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2021-22特集

TOP