beacon

北川航也が途中出場のラピド・ウィーンはEL連敗…ウエスト・ハムが連勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエスト・ハム戦に出場したFW北川航也

[10.1 ELグループリーグ第2節 ウエスト・ハム 2-0 ラピド・ウィーン]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は1日、グループリーグ第2戦を行い、FW北川航也が所属するラピド・ウィーン(オーストリア)はアウェーでウエスト・ハム(イングランド)と対戦し、0-2で敗れた。北川は後半17分から途中出場した。

 デイビッド・モイーズ監督率いるウエスト・ハムはDFクレイグ・ドーソンのFKから決定機をつくるなど、序盤から優位に試合を運ぶ。すると前半29分、MFアンドリー・ヤルモレンコの浮き球で抜け出したFWミカイル・アントニオが胸トラップで落とし、丁寧にラストパス。走り込んだMFデクラン・ライスが押し込み、幸先良く先制に成功した。

 北川は後半17分から途中出場。ラピド・ウィーンは反撃を試みたものの、次の一点を奪ったのもウエストハムだった。90+4分にMFサイード・ベンラーマがネットを揺らし、とどめの一撃。2-0で完封勝利をおさめたウエストハムは連勝を飾り、H組首位をキープ。ラピド・ウィーンは連敗で最下位に順位を落としている。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)21-22特集

TOP