beacon

新時代のクラシコを制したのはレアル!! アラバ加入後初ゴール&バスケス弾でバルセロナ撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーが敵地で勝利

[10.24 ラ・リーガ第10節 バルセロナ 1-2 R・マドリー]

 今季最初のエル・クラシコはレアル・マドリーが制した。ラ・リーガ第10節が24日に行われ、3位レアルはカンプ・ノウで7位バルセロナと対戦。DFダビド・アラバとFWルーカス・バスケスのゴールで2-1の勝利を収めた。敵地でライバルを下し、リーグ戦3試合ぶりの白星。バルセロナはFWセルヒオ・アグエロのゴールが生まれたものの、2試合ぶりに黒星を喫した。

 119年の歴史を誇る伝統のエル・クラシコ。今季第1ラウンドは観客人数の制限がなくなったカンプ・ノウが舞台となった。両チームは昨季まで公式戦通算246試合を戦い、レアルが98勝52分96敗でわずかに勝ち越し。近年のクラシコを盛り上げたFWクリスティアーノ・ロナウド(現マンチェスター・U)が2018年夏にレアルを、そしてFWリオネル・メッシ(現パリSG)が今夏にバルセロナを去ったことで、スペイン『マルカ』では「新時代のクラシコ」と銘打たれた。

 ホームのバルセロナは4-3-3の布陣でスタート。3トップは中央に新10番の18歳FWアンス・ファティ、左に新加入FWメンフィス・デパイ、右にサイドバックを本職とするDFセルジーニョ・デストが配置された。対するレアルも4-3-3のフォーメーション。得点ランキング首位の9ゴールを挙げているFWカリム・ベンゼマが中央、チーム2位の5得点を記録しているFWビニシウス・ジュニオールが左、リーグ戦2試合ぶりに先発復帰したFWロドリゴ・ゴエスが右に入った。

 立ち上がりはバルセロナがボールを保持するが、レアルの集中した守備を崩し切れずに膠着状態が続く。レアルはビニシウスのスピードを生かしてバルセロナのハイラインの背後を突く攻撃が目立ち、前半21分にそのビニシウスがPA内左でDFオスカル・ミンゲサに倒されるも、ノーファウルの判定。直後の同24分にビニシウスが裏へ抜け出してチャンスを迎えた場面では、オフサイドを取られた。

 時間の経過とともに試合に動きが出始めると、最初に決定機を迎えたのはバルセロナ。前半25分、左からドリブルで持ち運んだデパイが中央へパスを送り、ファティが触ったボールがその奥でフリーのデストに渡る。しかし、デストが右足で打ったシュートはクロスバーを越えた。

 両チームとも得点の匂いが漂う中、スコアが動いたのは前半32分。レアルのセンターバックを務めるアラバが自陣でボールを奪い、カウンターの起点となって長い距離を駆け上がる。ロドリゴのラストパスを受けてPA内左で左足を振り抜くと、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンもノーチャンスの弾丸シュートがゴール右に突き刺さった。

 アラバはクラシコデビュー戦でレアル移籍後初得点をマーク。失点を喫したバルセロナは前半35分、デパイの右CKにニアのDFジェラール・ピケが頭で合わせるが、枠の左に外れる。その後も互いにゴールへ迫ったが、前半はレアルの1点リードで終了した。

 バルセロナは後半開始からミンゲサに代え、MFフィリペ・コウチーニョを投入する。コウチーニョはインサイドハーフに入り、同ポジションだった17歳MFガビが右ウイングへ。また、デストが右サイドバックに降り、3トップも中央がデパイ、左がファティに変更となった。

 途中出場のコウチーニョはライン間でボールを受け、バルセロナの攻撃のリズムを作り出していく。後半4分には左サイドの深い位置からDFジョルディ・アルバが折り返し、ニアのファティが至近距離から左足でシュート。だが、GKティボー・クルトワの正面を突いた。

 続けて後半13分、右サイドのショートコーナーからデパイが左足でクロスを供給。ファーでMFフレンキー・デ・ヨングと競り合ったMFトニ・クロースの右腕にボールが当たるも、F・デ・ヨングのファウルを取られた。

 レアルも後半17分、MFルカ・モドリッチの巧みな浮き球パスからベンゼマが右足でボレーシュートを放つが、GKテア・シュテーゲンの正面に飛んで追加点とはならない。

 バルセロナは後半29分にファティとアグエロ、同33分にF・デ・ヨングとDFセルジ・ロベルト、同40分にガビとFWルーク・デ・ヨングをそれぞれ交代。アグエロとL・デ・ヨングを前線に並べ、ゴールを奪いにいく。

 しかし、同点に追い付けずにいると、後半アディショナルタイム3分にレアルのカウンターからFWルーカス・バスケスに追加点を献上してしまう。同アディショナルタイム7分に右サイドで縦に仕掛けたデストのクロスからアグエロが移籍後初ゴールを決めるが、反撃はここまで。レアルが昨季からのクラシコ連勝を4に伸ばした。

●ラ・リーガ2021-22特集

TOP