beacon

伊東純也が先制弾&“幻”ゴラッソなど圧巻プレー! 森保J、全敗ベトナムに苦戦も勝ち点3死守

このエントリーをはてなブックマークに追加

2点目は幻に終わったMF伊東純也

[11.11 W杯アジア最終予選 日本1-0ベトナム ハノイ]

 日本代表は11日、カタールW杯アジア最終予選第5節でベトナム代表と対戦し、1-0で勝利した。前半17分に決まったMF伊東純也(ゲンク)の先制ゴールを守り切り、最終予選3勝目。W杯出場権獲得圏内の2位オーストラリアとの勝ち点差を1に縮めた。

 日本は10月のオーストラリア戦に続いて4-3-3のシステムを採用。ゴールを守るのはGK権田修一(清水)。最終ラインは左からDF長友佑都(FC東京)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF吉田麻也(サンプドリア)が並び、右SBにはDF山根視来(川崎F)を抜擢。山根は最終予選初先発となった。中盤より前は豪州戦から変わらず、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタクララ)の3ボランチ。3トップは左からMF南野拓実(リバプール)、FW大迫勇也(神戸)、伊東が並んだ。

 対戦相手のベトナムは5-3-2。立ち上がりこそ攻めあぐねる展開が続いた日本だったが、前半6分にさっそくビッグチャンスをつくった。山根と伊東が右サイドでパスをつなぎ、山根が果敢に縦パスを入れると、田中が相手と競り合って突破し、マイナスのクロスがフリーの南野に入った。だが、南野のシュートは大きく左上へ。大きな決定機を活かせなかった。

 さらに日本は前半11分、左サイドを突破した長友のクロスに南野が頭で合わせるも、シュートは力なくGKがセーブ。同20分には中盤でボールを奪われ、MFグエン・ホアン・ドゥクにミドルシュートを放たれたが、権田が身体を倒しながらキャッチした。

 そうして迎えた前半17分、日本が先制点を奪った。相手のゴールキックを冨安が跳ね返し、遠藤が頭でつなぐと、大迫のポストプレーが炸裂。うまく相手を背負って左に展開し、裏に抜け出した南野がゴール前にクロスを送ると、猛スピードで駆け上がった伊東がワンタッチで押し込んだ。伊東はこれが最終予選初ゴールとなった。

 前半30分、日本は右サイドでのスローインで相手をかわし、山根がマイナス方向のクロスボールを配給。これをワンタッチでうまく収めた守田が右足で狙ったが、シュートは左に外れた。同39分には相手が左CKを直接狙い、権田が横っ飛びでかき出すピンチも迎えたが、ここからのカウンターで日本がチャンスを迎えた。

 前半40分、バイタルエリアで相手の横パスを阻んだ大迫がワンタッチで左サイドに送り、伊東が左サイドを突破。凄まじいスピードでカットインすると、最後は弾丸シュートをゴール左上隅に突き刺すスーパーゴールを決めた。ところが、ここでVARが介入。約5分間にわたる中断の結果、ニアサイドに走り込んでいた田中がオフサイドポジションでGKに影響を与えていたとして、ゴールは取り消された。

 後半は一転、ベトナムのロングボール攻勢に日本守備陣が後ろ向きの対応を迫られるようになり、攻撃でも前進できない時間帯が続く。15分過ぎからは伊東の突破でなんとか右サイドを打開し、クロスからゴールを狙うが味方には通らず。同18分、森保一監督は最初の交代を決断し、長友と南野の左サイドコンビを下げてFW浅野拓磨(ボーフム)とDF中山雄太(ズウォレ)を投入した。

 日本は後半26分、田中のFKに大迫が頭で合わせるも、シュートは相手に当たって枠外。同30分には田中、大迫を下げてFW古橋亨梧(セルティック)とMF柴崎岳(レガネス)を入れた。同33分、古橋がポストプレーから左サイドに流れ、マイナスのクロスを送るも浅野に合わず。直後に即時奪回から遠藤がミドルシュートを狙ったが、大きく枠を外れた。

 日本は後半36分、セットプレーから相手を深く押し込み、波状攻撃から柴崎が連続シュートを放つも、相手に当たって惜しくも枠外へ。同40分には柴崎のミドルシュートが相手GKの手を弾き、守田がしっかり詰めていたが、GKに先にキャッチされた。

 日本は後半43分、守田に代わってMF原口元気(ウニオン・ベルリン)を投入。インサイドハーフのポジションにそのまま入れた。同44分にはセットプレーで押し込まれ、こぼれ球からMFルオン・シュアン・チュオンに決定的なシュートを打たれるも枠外。最後は相手の精度不足にも助けられ、そのまま1-0でタイムアップを迎えた。

 先にキックオフしたオーストラリア対サウジアラビア戦がドローに終わったため、首位サウジアラビアとの勝ち点差が4、2位オーストラリアとの勝ち点差が1に縮まった。

●カタールW杯アジア最終予選特集
●カタールW杯各大会予選一覧

TOP