beacon

[DFB杯]ポカール前回王者ドルトムントが“ジャイキリ”許す波乱…すでにバイエルンも敗退 浅野ボーフムは準々決勝へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回王者ドルトムントが敗れる波乱

DFBポカール(ドイツ国内杯)は18日、3回戦を各地で行い、前回王者ドルトムントが敗れる波乱が起きた。

 ブンデス2部のザンクト・パウリは2-1でドルトムントを撃破し、“ジャイキリ”を達成した。ドルトムントは0-2で後半を迎えると、FWアーリング・ハーランドのPKで1点を返したものの、反撃は及ばなかった。2回戦ではバイエルンが敗退となる波乱もあったが、連覇を狙ったドルトムントも大会から姿を消した。

また、日本代表FW浅野拓磨が所属するボーフムはマインツと対戦。先制を許す展開となったが、後半はFWミロス・パントビッチがドッペルパック(1試合2得点)を達成するなど3得点を奪い、試合をひっくり返した。浅野は後半39分から途中出場。ボーフムは3-1で逆転勝利をおさめ、準々決勝に駒を進めている。

 ドルトムント、ボーフムのほか、カールスルーエ(2部)、劇的な延長戦の末にPK戦を制したハンブルガーSV(2部)がベスト8進出。あす19日に3回戦の残り4試合が行われ、準々決勝は3月1、2日に予定されている。

■3回戦
(1月18日)
ケルン 1-1(PK3-4) ハンブルガーSV(2部)
1860ミュンヘン(3部) 0-1 カールスルーエ(2部)
ザンクト・パウリ(2部) 2-1 ドルトムント
ボーフム 3-1 マインツ

(1月19日)
ハノーファー(2部) 26:30 ボルシアMG
ライプツィヒ 26:30 ハンザ・ロストック(2部)
ヘルタ・ベルリン 28:45 ウニオン・ベルリン
ホッフェンハイム 28:45 フライブルク

●海外組ガイド
●DFBポカール2021-22特集
●ブンデスリーガ2021-22特集

TOP