beacon

千葉が新井一耀&サウダーニャ弾で今季初白星! 琉球は終盤猛攻も一歩及ばす

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.26 J2第2節 琉球 1-2 千葉 タピスタ]

 J2リーグは26日、第2節を行った。FC琉球のホームで行われたジェフユナイテッド千葉との一戦は、千葉が2ー1で勝利。今季初白星を手にした。

 前節、敵地で町田と0-0で引き分けた琉球に対して、千葉はホームで昇格組の岩手に0-1敗戦。互いに今季初勝利を目指して激突した。

 そんな試合を動かしたのはアウェーの千葉だった。前半25分、右サイドのコーナーキックをMF高木俊幸が蹴り込むと、ニアサイドに走り込んだDF新井一耀の胸部に当たりゴールイン。新井の今季初得点で先制に成功する。

 前半ボールを握った琉球だが、得点を奪うことができず。チャンスを多く作った千葉が1点リードのまま前半を折り返した。

 すると、後半も千葉の攻勢が続く。後半16分、ハーフライン手前のDF鈴木大輔から前線のFWサウダーニャにボールが通ると、自ら持ち上がりペナルティーエリア内に侵入。対応に入った琉球DF陣を横に横に交わして左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 点ビハインドとなった琉球はここから反撃に出る。後半20分、右サイドでコーなキックを得た琉球はMF福村貴幸が左足で入れたボールを一度は千葉の新井にクリアされたが、そのボールがMF中野克哉の元へ。プレスに来た相手を冷静に交わして右足で放ったシュートはGK新井章太の手をかすめてゴールに吸い込まれていった。

 琉球は後半39分、左サイドのコーナーキックをMF清武功暉が右足でカーブボールを蹴り込み、ゴールを狙う。しかし、千葉GKの新井が好守を見せ難を逃れた。後半43分にはゴール前でボールを受けた琉球のFW草野侑己が左足で狙ったが、こちらも新井に阻まれた。

 試合終盤にかけて相手ゴールに迫った琉球だったが、こじ開けることができず。アウェーの千葉が2-1で逃げ切った。千葉は今季初白星。琉球の22年初勝利は次戦以降にお預けとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●2022シーズン新体制&背番号一覧
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP