beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鄭2発で川崎F連勝(札幌vs川崎F 試合記録&コメント)

このエントリーをはてなブックマークに追加
【J1第4節】(札幌ド)
札幌 0-2(前半0-1) 川崎F

<得点者>
[川]鄭大世2(7分、49分)

<退場>
[札]高木貴弘(89分)

<警告>
[札]クライトン(56分)、中山元気(58分)、芳賀博信(89分)
[川]原田拓(89分)

<出場メンバー>
[札幌]
GK
高木貴弘
DF
坪内秀介
曽田雄志
柴田慎吾
西嶋弘之
MF
砂川誠
→西谷正也(80分)
クライトン
芳賀博信
西大伍
→岡本賢明(45分)
FW
石井謙伍
中山元気
→鄭容臺(58分)

[川崎F]
GK
川島永嗣
DF
井川祐輔
寺田周平
伊藤宏樹
MF
森勇介
→村上和弘(89分)
中村憲剛
→原田拓(89分)
谷口博之
山岸智
大橋正博
→養父雄仁(86分)
FW
鄭大世
ジュニーニョ

以下、川崎F公式サイトより監督、選手コメント

<札幌>
●三浦俊也監督
「平日のナイトゲームにも関わらず多くのお客様に来ていただいて、非常に感謝しています。結果負けてしまい、申し訳なく思っています。川崎については、代表の選手が帰ってくるということで、前回のナビスコカップとはまた違ったチームかなという風には感じましたが、まあその通りのゲームだったと思います。
 特に鄭選手とジュニーニョ選手が前を向いた時のスピード感というのは、かなり日本のトップクラスのレベルであり、そこを止められるかどうかだったと思いますけど、それが止められなかったというのが敗因だったという風には思います。
 それを止めていれば可能性のあったゲームだったと思いますけど、後半立ち上がりまたすぐに入れられて、相手を楽にしたのかなと思います」

<川崎F>
●関塚隆監督
「中2日という中で、選手が最後までよく走ってくれたと思います。ナビスコ同様に先制点を取れて、自分達のリズムでサッカーが出来ていたと思うのですが、チャンスで決定打が出ずに追加点を取れずに前半を終えました。後半に追加点を取れたのが勝因だったのではないかなと思います。また戻って試合がありますので、しっかり準備をして次の戦いに備えたいと思います」
─ボールもうまく回っていたように見えたが、その要因は?
「チームが一丸となって戦おうというところの気持ちが非常に出ているのではないかなと思います。これは遠征に来ている18人だけじゃなく、川崎に残っているメンバーも含めて、なんとかやっていこうという気持ちが出ているからだと思います」
─ 勢いに乗れそうだという手ごたえは感じましたか?
「勢いというよりも、とにかく1戦1戦大事に全力で戦っていきたいという気持ちの方が強いです」

●FW鄭大世
「今日はシュートとパスのバランスが良かった。裏のスペースが警戒されていなかったし、オフサイドにもならなかったので狙っていった。得点シーンは右のディフェンスに触られないように打ったら、結果的にいいコースに行った。最初に点を取れたので、相手が前がかりになってやりやすくなった。大橋さんが常に狙っていたし、パスがくるコースもわかっていた。
 後半は試合を観ている人にとってはつまらない展開だったかもしれないが、これもチームの勝利のため。強い相手だけではなくて、J2から上がってきたチームにしっかり勝つことが大事。とにかく勝利に勝るものはない。今日の結果は大きい」

TOP